祝!!中2クラス/Book4 修了!!

中2クラスは初めての投稿になります!!

先日、Book4/Learning World Bridgeのテキストを修了しました!!

今までなかなかご紹介できなかった中学生クラス。
ここでたっぷりご紹介したいと思います。

現在中2クラスは、Sくん1名。
まだ教室を始めたばかりの当初からS君は通ってくれています。
Sくんは小学5年生の頃、テキストReadyからスタート。
その頃は、4年生~6年生の複数の学年でスタートしました。
その後、クラス編成などがあり人数が減りながらも、Sくんは継続して通ってくれています。

教室を始めたころ、6年生だった生徒さんたち(現在高校1年生)は、中学で授業を先取りするため会話レッスンをほとんどすることなく、塾体制に切り替えました。スタート時期によって、するべきことが変わってきます。

S君は、小学生の時にしっかり会話クラスをやっているため、中学に入ってもそのままLearning Worldのテキストを使い、会話クラスを継続することができました。

とはいえ、中学での授業も大事。学校の授業をおろそかにするのは本末転倒です。
S君は中1の3学期ごろから、会話+中学先取りを半々に取り入れ進めてきました。

私が目指している英語教育は4技能(話す、聞く、書く、読む)をバランスよく習得すること。
中学の勉強は、どうしても文法中心で、問題を解いてテストの点数を上げる、という内容に偏りがち。
もちろん、それも時には大切なことでやるべきことの1つです。
(これはあくまでも私の個人的な意見です)

学校で習った文法を使って、いざ話してみようとしてもすぐには話せなかった、という私の実体験から、英語の吸収が柔軟な幼児や小学生から、「話す」「聞く」をしっかりをやっておくことが後々”英語を話せる”、”英語を活かせる”ことにつながると信じています。

 

中2クラスでは、レッスンの最初にShort Conversation(短い会話)をウォームアップで取り入れいています。
S君と英語で会話することで、私自身が英会話の楽しさを改めて思い出し、”Short”で終わらせることをついつい忘れてしまうこともあるくらい(笑)

ついつい盛り上がってしまうくらい、S君の会話力がついてきていることがわかります。

学校のテストについては、何度かご紹介したことがあるかもしれませんが、教科書の丸暗記作戦です。
それプラス、レッスンでもテスト前に実践練習を行うことで、確実に実力がアップしています。

とは言え、週1回のレッスンに通っているだけでは、足りません。
本人の努力があるからこそ、ここまで一緒に頑張ってこれたのだと思います。
週1回のレッスン以外も、間違いなく隠れた努力があるはずです。

 

テキストが修了したとき、S君に、「一緒に写真とってもいい?ブログで紹介したいんだ」と聞いてみると、
快く、「いいですよ!!」といってくれました。

 

 

次は、テキストシリーズ最終テキストBook5/Tomorrowに突入です。
この教室をはじめて以来、ようやくこのBook5を教えることができます(笑)

『継続は力なり』ですね。

 

まだまだ挑戦は続いていきます。

 

 

 

乞うご期待☆

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。