木曜小6クラス/話せるよ、ちょっとだけね。

Book3ーUnit4 助動詞can

助動詞canは今までのテキストでも学習している内容。

スパイラル式でステップアップしていくよう構成されているLearning Worldシリーズのテキストでは助動詞の基礎「can」はBook3でも登場します。

「can」がしっかり復習できるとともに、さらにステップアップ。
「very well」や「a little」、「not- at ll」などの副詞をつけて、より詳しく相手に伝えられるよう練習をします。

 

 

 

生徒の中には、

「I can speak French very well.」

と、堂々と発言してくれる子も。

「えーーーっ、フランス語しゃべれるのぉ!!!???」と言われても

「うん、話せるよ!!」「BONJOUR!!」(ボンジュール)、とかっこよく一言。

みんな、、、、

シー―――ン。

からの、大爆笑!!

確かに、たった一言でも上手に言えたら、「very well」ですね。OK、OK!

「fluently」(流ちょうに)とは言っていないからOKだよ、と納得しちゃいました(笑)

 

生徒たちの会話の一部を抜粋↓

Can you speak English?

No, I can’t.  I can speak English a little.

 

ちょっとまったぁー。
違う違う!!
そこは「Yes, I can」でいいんだよ。
だって、「少し、話せる」は「話せる」って言っていいんだよ!!

日本語では「少ししか話せない」とnegativeに表現しますが、英語では「少し」でも「can」です。
だって、「I can speak English a little」ってめちゃくちゃ上手に話せてるじゃん!!

 

 

 

 

小6クラスで最近思うのは、コミュニケーション活動に積極的になったなぁ~ということ。

少し前までは、間違えることを恐れ、英語を発する前に「なんていうの?」「わからーん」とか、だまってしまうことがよくありました。
でも今では、活動中はとてもアクティブで私は見守ることが多いんです。
(もちろん、指導するところはしっかり口出しますよ)

 

クラスの様子を動画でお送りします。
クラスの雰囲気をシェアさせていただきますね。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です